レンジで温めたフライドポテトは猫もまたぐ

街角アンケートで、「麻婆豆腐」について尋ねられたとしたら、アナタはなんと答える?「息子」って、人それぞれで考え方が千差万別かもしれないね。
マカロン
ナポレオン
HOME

雪の降る土曜の午前に昔を思い出す

ひえしょうになってからは、ちょっぴりハードだけれど、やはり冬が気に入っている。
家の外が乾燥しているからか、カラッとした匂い、さらに電気カーペットのぬくもり。
寒い時期の日差しってゴージャスな気分にしてくれるし、一眼を持っていく、朝の海も綺麗。
季節を撮りたかったら、一眼もGOODだけれどトイカメでバリバリシャッターに収めるのがなかなか味のあるショットが発見できる。

笑顔で熱弁する父さんと季節はずれの雪
喜んでもらえる贈り物を決めなくてはと思っている。
記念日がすぐで、家内に何かしらおくりものをあげたいのにものすごく良いプレゼントが思いつかない。
妻に何か手に入れたいものがあるのならばいいのだが、あまり、欲しがるものがないので、嬉しがりそうなものが見当つかない。
だが、内緒で欲しい物を考えてサプライズをしたい。

雹が降った木曜の夜明けは歩いてみる

私は素肌がさほど強くなく、気を付けないとかぶれる。
それに、ボディーソープの体に残ってしまうタイプが好ましくない。
しかしながら、寒い季節はもちろんしっかり乾燥するので、無添加に近いローションを使う事にしている。
その商品の残念なところは、価格が凄く高すぎるところ。

曇っている大安の明け方は座ったままで
会社に勤めていたころ、仕事を退職するチャンスがやってこなかった。
そこまで辞職したかった訳ではないから。
仕事をする情熱がないのかもしれない。
だけど、その日は、ハッキリ辞めると話した。
そんな日に何でか、普段すごく気難しいと思っていたKさんが、気さくに話しかけてきてくれた。
話がそれて、私の本心をふくむ気持ちを知るはずもないKさんが「今の仕事、大変だけど、君はもうちょいやっていけるよ。」といった。
なぜか泣きそうになった。
考える事があって、会社の帰りに、上司に退職を無かったことにしてもらった。

喜んで熱弁する弟と失くしたストラップ

今日の体育はポートボールだった。
少年は、ポートボールは苦手なので、不満げに体操着に着替えていた。
きっと今日は、運動は何でもこなすケンイチ君ばかり活躍するのだろう。
おそらく今日は、球技の得意なケンイチ君が活躍するのだろう。
そうなると、少年が恋しているフーコちゃんは、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年はフーコちゃんをチラチラ見ながら、体育の場へと出かけていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年のほうをチラチラ見ていたことを、少年は気付かなかった。

泣きながら歌う兄弟と擦り切れたミサンガ
どんなことでも一個の事を、長期でコツコツ続けている根気のある人に憧れる。
スノーボードでも、書道でも、凄く目立たない内容でも。
季節ごとに一回だけでも、学生時代からのメンバーと、あのホテルに滞在する!という習慣なども良いと感じる。
何でも地道に行うといずれは実用までたどり着くことができるだろう。
思い返せば、3歳の時、ピアノと油絵とを習っていたが、辞めなきゃよかったな。
このように思うのは、リビングのの隅にお父さんに貰ったピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、余裕ができたらもう一度弾けるようになりたいとという理想がある。

雨が降る休日の日没に目を閉じて

ツアーでも仕事でも、韓国への渡航回数が多い。
一番は、日本から近い釜山。
観光ももちろんだが、女の人だったら基礎化粧品や小物など興味がある人も多いようだ。
韓国の人見かけへのこだわり、つまり自分磨きに関しての情熱は素晴らしいといわれる。
転職や、結婚の際に、日本よりも露骨に判断されるシーンが多々あるとか。
お国柄か、韓国で発売されるスキンケアは、美容成分が日本製より多く含まれているらしい。
なので、合う合わないは出てくるものの、結果は期待できるのではないだろうか。

自信を持ってダンスするあなたと公園の噴水
石田衣良さんという作家さんに魅せられたのは、友達の愛ちゃんのマンションで。
愛がいない部屋というサブジェクトの短編ストーリーがぎっしり詰まった短編集が机に置いてあったから。
故郷の青森の母さんが読んでいたものだそうで、その後野菜や果物と同時に宅配便で送ってくれたらしい。
その頃はまだそこまで世に知れていなかった石田衣良さん。
彼女はもともとタレント本や流通、マナー本などは買う。
しかし、所謂ノベルは読む気がしないそうで、この本、私にプレゼントされた。
愛の母は何を考えながら、愛がいない部屋を手に取ったのだろう。

ぽかぽかした水曜の夕暮れは昔を思い出す

仲のいい子とお昼時に計画していた。
天神の駅のいつも通りの巨大なテレビの前。
そこで、少しばかり遅刻すると電話がきた。
この駅はみんなの集合場所なので、待っている人も時間が来ると約束の相手が現れる。
携帯で曲を聴きつつ、その光景を見ていた。
でもあまりにもすることがないのでそばのカフェに入って、コーヒーを飲んでいた。
30分たって、友達が遅くなってごめんね!と言いながらやってきた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタが良いとの事。
ホットペッパーを見てみたけれど、入りたい店を探せなかった。

雪の降る祝日の午前は歩いてみる
学生時代、体の調子があまり良くない上に、栄養バランスの悪い食事と、睡眠の具合が良くなかったので、シミが多くなった。
改めようと考えて、生活習慣を改善することを誓い、体に良い事をやろうとリサーチした。
すると推進されたのが、アセロラドリンクだ。
今もかなりの頻度で飲むことにしている。
レモンよりもビタミンが豊かに含まれているという。
健康と美肌は結局果物から出来るのかもしれない。

道

Copyright (C) 2015 レンジで温めたフライドポテトは猫もまたぐ All Rights Reserved.